採用情報
トップページ > 採用情報 > 新入社員インタビュー

新入社員インタビュー

新卒採用で入社した社員に、学生時代の就職活動からテクノスクエア入社後までの経験談についてインタビューいたしました。

ビジネスサービス事業部 H.Kさん(22歳)

実際に働いている社員の評判が高い

私は、IT系の専門学校からテクノスクエアに入社しました。以前から、将来はIT系の会社に就きたいと思っており、就職活動は中盤まで運用系を志望に活動していました。就職活動も終盤に差し掛かり、開発系も視野に入れて活動を始めた矢先、テクノスクエアに所属していた社員から、この会社の存在を教えて頂きました。今までの就職活動中に、実際に見てきた会社よりも福利厚生がしっかりしているということと、先輩社員から実際に話を聞いた前評判も高く、入社を決意し、無事内定を頂くことが出来ました。

社員の写真

充実した入社後の研修

テクノスクエアに入社してからは、3日間のビジネスマナー研修と、3ヶ月間のIT基礎研修がありました。研修中は外部だった為、日常での先輩方との接点はあまり多くありませんでしたが、社内イベントの懇親会やバーベキューなどで多くの先輩方と交流する機会があり、とても雰囲気の良い会社だと思いました。ビジネスマナー研修では、社会に出る上で必要なスキルなどを身に着けることができ、IT基礎研修では、ITに関する基礎的なことを学んだり、グループで一つのシステムを作り上げる本格的な実習を経験することができました。現在はOJTとして、お客様の使用しているシステムを新しいシステムに入れ替えるための開発作業を担当しています。今は先輩方にお世話になりっぱなしですが、早く一人前の技術者として先輩方と肩を並べて仕事ができればと思います。

ビジネスサービス事業部 N.Nさん(23歳)

入社前のフォローに安心

社員の写真

私がテクノスクエアの内定を頂いたのは9月の上旬頃です。ずっと就職活動を続けていたので残りの半年間、入社まで何もないまま迎えるのは不安でした。テクノスクエアを志望した理由の1つが、転職して入社した先輩方の会社に対する満足度が高いことです。しかし、そのような会社内部の声というものは実際に会ってみないと分からないことなので、そこにも私は不安を感じていました。そのような時期に内定者懇談会を開いて頂き、その不安は実際に先輩方と対面することで解消しました。その後も入社前の健康診断や説明会など、入社前のフォローがしっかりしていると感じました。

プログラミングが身に着く環境

入社後は3ヶ月間の外部研修を行います。基礎から実際にシステムの作成をするまでをしっかり教わります。私は大学生時代、情報系の学科だったのでプログラミングの経験がありましたが、大学生時代では踏み込まなかったことも研修で学習することができたので非常に勉強になりました。研修後、お客様先に配属直後は分からないことばかりでしたが、先輩からその都度教えて頂き、徐々に実際の仕事のやり方というものが分かってきました。私はこれから経験することをしっかり身につけて、システムエンジニアとしての自分を確立していきたいです。

※記載の内容はインタビュー時点のものです。

▲ページトップに戻る